福原愛、台湾選手との交際を報告

台湾人卓球選手の江宏傑選手(ジャン・ホンジェン)との交際が4月7日発売の「週刊文春」で報じられた卓球日本代表の福原愛選手が6日、自身のブログを更新して、交際を宣言をしました。
福原愛はこの日、江との交際を報じられたことを受け、ファンに交際を報告しました。
その上、「今の私の一番の目標は、リオオリンピックの個人戦と団体戦でメダルを獲得することです」としています。
お相手の江宏傑は、2008年プロツアー・グランドファイナルの21歳以下で優勝をし、2009年ユニバーシアードもシングルスを制した選手です。
2012年世界選手権代表するなど台湾期待の選手です。身長180センチの高身長で、優しい笑顔が印象的なイケメンです。

水鳥とワニの危険な取り引き

米フロリダ州の大湿地帯のエバーグレースで、ワニがいる場所の真上にシラサギやアオサギといった水鳥が巣を作るという一見危険な行為によって、実は水鳥とワニのりょすやが利益を得ているとする研究論文が発表されたそうだ。
水に落ちた鳥のひなはたちまちワニに食べられてしまうが、アリゲーターが近くにいると鳥の卵やひなを盗むフクロネズミやアライグマが近づかないため、鳥たちはアリゲーターのそばに巣を作ることによってかえって一定の保護を得られるという。
一方、鳥は餌が乏しい時などに、最も弱いひなをわざと巣から落とし、ひなの数を減らす習性がある。これによってアリゲーターとしては一定の餌を確保できるため、鳥の巣の下に集まるアリゲーターは栄養状態が良いという。
論文の主著者で、米ジョージア大学研究員のルーカス・ネル氏によれば、鳥の巣の近くにいるアリゲーターたちの栄養状態は驚くほどよく、巣の近くにいないアリゲーターと比べると体長約180センチのアリゲーターで体重は平均して約2.7キロ重かったという。
さらに研究チームによれば、アリゲーターに似せた人形を置いておくだけで、近くに巣を作る鳥の数がずっと増えたことから、「鳥たちはアリゲーターの存在を、巣作りによって好条件とみなしている」可能性があると述べているという。
厳しい自然環境で生き残るためには、こうした取引も必要なのだな。

職質中の警官乗せて車急発進

2月3日午後6時前、京都市上京区の区役所の駐車場。京都府警の巡査長(31)が車の後部座席に乗り込んで運転席の男らに職務質問をしていたところ、巡査長を乗せたまま車が急発進したという。これにより男には、監禁容疑がかけられた。
車は約80メートル走行し、横断歩道を渡っていた自転車の男性(34)と衝突した。その後再び逃走し、さらに300メートルほど離れた場所で停止した。自転車の男性は右肩を打撲するなどの軽傷を負い、監禁状態になった巡査長にけがはなかったという。
同署は監禁や公務執行妨害などの疑いで、乗用車を運転していた男と、同乗の韓国籍者を逮捕した。2人は「警官を監禁したつもりはない」と罪を認めていないという。
車内に監禁されていた巡査長は、後部座席からシフトレバーをつかみ、ギアをニュートラルにきりかえ乗用車を停止させたと同署が発表した。
逃げられないように車に乗り込んで職務質問したのだと思うが、車ごと逃げるとは予想外だっただろう。自転車の男性には大変な災難だった。

大島美幸、1年8カ月ぶりに復帰

「妊活」のため、2014年5月から芸能活動を休止し、昨年の6月にめでたく待望の男児を出産した、お笑い芸人の森三中の大島美幸さんが、1月17日放送の日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」に1年8カ月ぶりに復帰をし、芸人活動を再開しました。
番組は、「1年8か月ぶり!大島親方復帰スペシャル!」として放送されました。
司会の内村光良らから、番組の冒頭に復帰を祝福された大島は、息子の様子について「今は生後7カ月です。おすわりができるようになってきて、もうすぐハイハイですね」と嬉しそうに母親の顔で明かしました。
内村からは、「普段は何をしてましたか?」と聞かれると「顔も洗わずほぼほぼ育児です!」と大島らしい回答をしました。
共演の出川哲朗は「大島がいると落ち着くなあ!」と喜んでいました。
これからの活躍も楽しみですね。母親になり、さらにたくましくなった大島美幸さんの笑いに期待したいですね。

被災地に畳を、広がる職人の輪

災害時に各地の畳店が協力し、避難所の床に敷く畳を無償で提供するプロジェクト「5日で5000枚の約束」が全国に根を下ろしつつあるという。「冷たい床の上で生活するのは大変。畳の上で少しでも安らいでほしい」。阪神大震災で被災した神戸の畳店主らが約3年前に呼びかけた取り組みは畳職人の共感を呼び、その輪は42都道府県の283業者にまで広がっているそうだ。
プロジェクトの実行委員長は、神戸市兵庫区の「前田畳製作所」社長、前田敏康さん。震災当時は銀行員で、住んでいた同市東灘区の寮が半壊。支援物資や励ましの言葉に助けられたという。その後、銀行を退職して家業の畳店を継いだそうだ。
プロジェクトのきっかけは東日本大震災だったという。報道で見た被災者の姿にかつての経験を思い返し、「畳店としてできること」を発案。大規模災害の被災地に発生5日以内に5000枚の新品の畳を届けることを2013年春ごろから始めたそうだ。参加業者が増えた今では6700枚以上を提供できる体制になったとのこと。
災害発生時の受け入れを円滑に進めるため、実行委は大阪市や京都府など46自治体と防災協定を締結、各地での防災訓練にも参加しているそうだ。前田さんは「東日本大震災では赤ちゃんを冷たい床に下すことができず、一晩中抱っこしていたという母親の話も聞いた。畳1枚で避難生活の痛みをやわらげることができる」と話す。こうした取り組みが行われていることを知ると、人は助け合って生きているのだということを実感する。

6年前に発見モササウルスの化石新種だった

2015年に日本でも大々的に公開された映画ジュラシック・パークシリーズの新作「ジュラシック・ワールド」。テレビCMではプールから巨大な恐竜が飛び出し、餌のサメに食いつくシーンが印象的でしたね。
あの恐竜はモササウルスという種類で、日本では2009年に北海道の胆振管内むかわ町穂別で化石が見つかっていました。最近、研究の末にこの化石が新種であったことがわかりました。研究を進めていたのは米国シンシナティ大の小西卓哉助教や町立穂別博物館の西村智弘学芸員。世界で初めて、海生爬虫類の化石のなかで夜行性であったと推測されたそうで、ロンドン自然史博物館が学術誌で論文を発表しました。
この新種はモササウルス類のなかでも小型のハリサウルス亜科グループで、推定全長3メートル以下とされています。モササウルス類は世界で70種ほど知られており、日本ではこれで4例目になりました。
小西助教らは、他種と目のくぼみの大きさや鼻の高さを比較し、モササウルス類で初めて両眼視が可能であったと確認。近縁のヘビで、両眼視が発達している種が夜行性である点、ハリサウルス亜科のひれが未発達なことから泳ぎが不得意で、生存競争を避けるため暗闇に乗じて捕食していた可能性が高い点から夜行性であったことを推定しました。
モササウルスのことを映画がきっかけで知った方も多いと思いますが、予備知識として知っておくのもいいですよね。絶滅した恐竜たちが、どのような生活をおくっていたのか、一恐竜ファンとしてとても興味があります。

サーティワン、40年ぶりの赤字?

人気アイスクリームチェーン店「バスキン・ロビンス31アイスクリーム」を運営する、B-R サーティワンアイスクリームの2015年12月期が、1975年度以来、実に40年ぶりに最終赤字に転落する可能性があることがわかりました。
夏場の天候不順に続き、コンビニエンスストアに需要を奪われたことなどによって、既存店売上高が5期連続で前年度を割れました。
原材料の高騰、また新工場稼働に伴う償却負担増も、採算を圧迫する。
会社が第3四半期(2015年7~9月期)決算発表と同時に発表した下方修正値には、売上高184億円(前年同期比1.1%減)、営業利益00.9億円(同85.5%減)、経常利益1.3億円(同78.5%減)、最終利益0.1億円(同96.4%)となっていた。
修正要因は、アイスクリーム販売の最盛期である、7~9月期の天候不順だったことがあるとしている。
「徐々にコンビニから需要を食われていることも大きい」(管理本部経営企画室担当者)という。かろうじて最終黒字を見込む計画だが、予断を許さない状況だ。

ピラミッドの謎、透視で分析

エジプト考古省は25日、首都カイロ郊外のダハシュールにある「屈折ピラミッド」などの構造上の謎を解明するため、岩石を透過する宇宙線を使って内部を透視し、分析するプロジェクトを開始すると明らかにした。構造物を傷つけることなくピラミッド内部を究明が進むと期待されている。
プロジェクトは名古屋大の森島邦博特任助教らが協力し、宇宙線が大気に衝突した際に生じる「ミュー粒子」による透視技術を利用し、ピラミッドを調査する。この技術は東京電力福島第1原発の原子炉内部の調査や火山の内側のマグマの研究にも活用されているという。
ミュー粒子は大気中に常時降り注いでいる素粒子。物質の密度が高いところでは多く吸収される。この性質に対し、ミュー粒子を計測、分析することでピラミッド内部に隠された玄室などがあればその発見につながるという。考古省主催の記者会見に出席した森島氏は「素粒子実験で開発した技術を考古学の分野に使えるということは、非常に有意義だと思う」と語った。
屈折ピラミッドは紀元前27世紀頃の古王国第4国王朝初代、スネフェル王が建設。傾斜の角度が途中で変わる。スネフェル王はギザの大ピラミッドで知られるクフ王の父だ。透視技術によってこのピラミッドの謎が解明されるのが楽しみだ。

J1中継11年ぶりゴールデン地上波

Jリーグは都内でJ1年間王者を決めるために今季導入したチャンピオンシップの開催概要などを発表した。
明治安田生命保険がメインスポンサーとなって特別協賛することも決まった。
大会名は「明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ」とのこと。
2ステージ制の今季は最大5チームがCSに参加する。
ホーム&アウェー方式の決勝第1戦は、12月2日、第2戦は同5日に行われるという。
ともに午後7時半キックオフで、Jリーグの公式戦としては、11年ぶりにゴールデンタイムに地上波で全国中継されることとなった。
2日はTBSで放送、5日はNHK総合が放送するという。
都内での会見では、第1ステージを制しCS出場を決めた浦和レッズのDF槙野智章が出席した。
「目標に向けてやっていきたい」と意気込みを語った。

長渕剛ライブ、退場規制が話題

8月22日21時から23日早朝6時まで静岡県富士宮市のキャンプ場ふもとっぱらで行われた歌手の長渕剛のコンサート「10万人オールナイト・ライブ 2015 in富士山麓会場」からの帰宅が困難過ぎるとネットで話題となっていた。
全国のファンが駆けつけるとあって、ライブ前には最寄りの新富士駅でシャトルバスへの列が長く伸び、会場への国道139号線は大渋滞となった。当然ライブ終了後にも退場の大混雑が予想されていたため、運営はリストバンドによる退場規制を実施した。
ライブは6時30分に終了したが、まず30分後に「ア」行のリストバンドの参加者が退場を開始、その後1時間30分ごとに「カ」行、「サ」行と続き、最終的に13時からすべての参加者が退場できるとのアナウンスが。終わって少なくとも6時間はその場にとどまらないといけないという事態に陥る人も。
しかし、訓練されたファンはライブの余韻とオールナイトの疲れを癒すために友人と語らったり、早々と就寝したりと慣れた様子。しかし、バスの運行は狂い始め、予定通りにはいかない事態に。
なお、ライブで長渕がヘリコプターで登場した際、ホバリングの風圧で救護用テント2張が破損し、中で執務中だった看護師2人がケガをするという事故が発生している。
ケガ人が出てしまったことも心配だが、熱中症などで体調を崩したりする人は出なかったのだろうか…こんな事態に陥ってもむしろその状況を楽しんでしまう長渕ファンの精神力はすごい。これだけの大勢の人を引き付ける魅力が長渕剛にはあるということなのだろう。