論語

温故知新とは、孔子が論語の中で説いたものだ。
古いものを温める=学ぶこと、そしてそこから新しいものを得る。
古いは新しい。
しかしそれが学ぶに値するものかどうか見極める必要がある。
一定の評価の上で長く歴史があるものは、その基準を満たす可能性が高く一つの判断基準になるだろう。