続き

温故知新という言葉には、実は続きがあった。
「故きを温ねて新しきを知る」には、その後に「以って師たるべし」という言葉が続く。
昔の事をよく吟味し、そこから新しい知識を身につける。
すると、先生になれるというのだ。
以て師たるべし。
古い知識を古いまま得るのではなく、そこから新しい知識を得る為には想像力が要る。
経験も必要だろう。
師への道は遠し、という事だと思う。