警察官に催涙スプレー

男が警察官らに催涙スプレーを噴射するという事件があった。
大阪市東淀川区で空き巣被害があり、警察官は周囲で職務質問をすると、質問を受けた男が逃走。追いかけた男性と警察官に催涙スプレーを噴射したため現行犯逮捕となった。
逮捕されたのは無職の今井義宏容疑者(47)。催涙スプレーを噴射して逃走したあとは、近くにいた60歳と76歳の男性に抑え込まれあえなく逮捕となった。
男にタックルした60歳の男性は、メディアの取材に対し「そっから飛び出してきてこう捕まえた。一緒に転がってこけて、そのまま押さえこんだ」と当時の様子を語る。
76歳の男性も「催涙スプレーを手に持っていた。逃げないからおこしてくれとか言ってたけど、話したら逃げるの決まってる」などと話した。
今井容疑者は特殊工具をもっていたため、空き巣との関連を調べている。