外来種の植物、注意して

福井県小浜市では、北アメリカ原産の外来種のキク科「オオキンケイギク」の駆除に力をいれている。
住民にも駆除を呼びかけるためのチラシを配布し、種ができる前のこの時期に駆除してほしいとしている。5~7月のこの時期、オオキンケイギクは5センチほどの黄色い花を咲かせる。高さは30~70センチほどの成長し、80年代から日本に導入され自生し始めた。
市内を流れる北川でも、上流部の緑化に用いられたことがあり、流れた種が下流部でも広がって、勢いを増しているそうだ。繁殖力と成長力が強いため、荒れた土地でも育つ植物だそうだ。
きれいな花なのだが、カワラナデシコなどの在来種の生息を妨げるとして2006年に環境省によって特定外来生物に指定された。
このため栽培、保管などすることが法律で禁止され、違反すると服役や罰金が命じられるかもしれない。
市では駆除の広報活動に力を入れて、分布マップをつくるなどしている。市でも駆除活動を行っているが、私有地には立ち入れないため、土地の所持者に駆除方法を知らせ、協力を呼びかけているという。
市の担当者は「油断すると一気に広がり手がつけられなくなる。一般の人にも、他の植物への影響の大きさを知ってもらいたい」と話す。
河原の植物を駆除するのはかなりの時間と労力が必要そうだ。