大型犬逃げ出す

福岡県で、80代の女性が飼育されていた大型犬15匹のうち、6匹が逃げ出した。うち1匹は現在も逃走中で警察が対応に追われている。
犬種は狩猟犬の「ボルゾイ」、体長は150センチから200センチにもなる大型犬で毛が長く走るのが速い。
付近住民から、「大型犬が3匹ウロウロしている」と通報があり発覚。その後の調べて市内で飼い犬1匹が死んでいることが分かった。噛み跡があったため襲われたものと見られるという。
飼い主の女性は扉は施錠しており、前日夜の時点で異常はなかったとしている。市内の学校では安全のために児童に集団下校を呼びかけた。
捕獲された犬は飼育されていた地点から2キロ圏内で見つかっているため、残る1匹も付近にいる可能性が高く、警察は犬を見ても近づかないようにと注意喚起している。
15匹も飼っているなんて一般家庭ではありえないと思う。80代というと相当高齢だと思うが女性はブリーダーなのだろうか。

兵庫の保育所で園児ら6人はしか感染

兵庫県尼崎市で、市内の保育所で園児6人と女子中学生(14)のはしかの感染が確認されました。
関西空港で集団感染がありましたが、関連があるかどうかは分かっていないとのことです。
感染した7人は最近、関西空港の利用も海外旅行もしていないそうです。
7人はどこから感染してしまったのでしょうか。
最近ははしか感染のニュースをよく見かけます。
どんどん感染が拡大しているように感じます。
対策方法などを知っておく必要があるかもしれません。
これ以上感染が広がらないこと、そして感染者が早く回復することを願います。

警察官に催涙スプレー

男が警察官らに催涙スプレーを噴射するという事件があった。
大阪市東淀川区で空き巣被害があり、警察官は周囲で職務質問をすると、質問を受けた男が逃走。追いかけた男性と警察官に催涙スプレーを噴射したため現行犯逮捕となった。
逮捕されたのは無職の今井義宏容疑者(47)。催涙スプレーを噴射して逃走したあとは、近くにいた60歳と76歳の男性に抑え込まれあえなく逮捕となった。
男にタックルした60歳の男性は、メディアの取材に対し「そっから飛び出してきてこう捕まえた。一緒に転がってこけて、そのまま押さえこんだ」と当時の様子を語る。
76歳の男性も「催涙スプレーを手に持っていた。逃げないからおこしてくれとか言ってたけど、話したら逃げるの決まってる」などと話した。
今井容疑者は特殊工具をもっていたため、空き巣との関連を調べている。