サーティワン、40年ぶりの赤字?

人気アイスクリームチェーン店「バスキン・ロビンス31アイスクリーム」を運営する、B-R サーティワンアイスクリームの2015年12月期が、1975年度以来、実に40年ぶりに最終赤字に転落する可能性があることがわかりました。
夏場の天候不順に続き、コンビニエンスストアに需要を奪われたことなどによって、既存店売上高が5期連続で前年度を割れました。
原材料の高騰、また新工場稼働に伴う償却負担増も、採算を圧迫する。
会社が第3四半期(2015年7~9月期)決算発表と同時に発表した下方修正値には、売上高184億円(前年同期比1.1%減)、営業利益00.9億円(同85.5%減)、経常利益1.3億円(同78.5%減)、最終利益0.1億円(同96.4%)となっていた。
修正要因は、アイスクリーム販売の最盛期である、7~9月期の天候不順だったことがあるとしている。
「徐々にコンビニから需要を食われていることも大きい」(管理本部経営企画室担当者)という。かろうじて最終黒字を見込む計画だが、予断を許さない状況だ。