長渕剛ライブ、退場規制が話題

8月22日21時から23日早朝6時まで静岡県富士宮市のキャンプ場ふもとっぱらで行われた歌手の長渕剛のコンサート「10万人オールナイト・ライブ 2015 in富士山麓会場」からの帰宅が困難過ぎるとネットで話題となっていた。
全国のファンが駆けつけるとあって、ライブ前には最寄りの新富士駅でシャトルバスへの列が長く伸び、会場への国道139号線は大渋滞となった。当然ライブ終了後にも退場の大混雑が予想されていたため、運営はリストバンドによる退場規制を実施した。
ライブは6時30分に終了したが、まず30分後に「ア」行のリストバンドの参加者が退場を開始、その後1時間30分ごとに「カ」行、「サ」行と続き、最終的に13時からすべての参加者が退場できるとのアナウンスが。終わって少なくとも6時間はその場にとどまらないといけないという事態に陥る人も。
しかし、訓練されたファンはライブの余韻とオールナイトの疲れを癒すために友人と語らったり、早々と就寝したりと慣れた様子。しかし、バスの運行は狂い始め、予定通りにはいかない事態に。
なお、ライブで長渕がヘリコプターで登場した際、ホバリングの風圧で救護用テント2張が破損し、中で執務中だった看護師2人がケガをするという事故が発生している。
ケガ人が出てしまったことも心配だが、熱中症などで体調を崩したりする人は出なかったのだろうか…こんな事態に陥ってもむしろその状況を楽しんでしまう長渕ファンの精神力はすごい。これだけの大勢の人を引き付ける魅力が長渕剛にはあるということなのだろう。