ヤケ食いしてしまう理由

やめたいけど、ついついやってしまう「やけ食い」。大量に食べた後、後悔だけが残るのについついやってしまいますよね。
ストレス発散をするためであったり、何か嫌なことがあった時などついついヤケ食いをしてしまうのではないでしょうか。
では、なぜ人はやけ食いをしてしまうのでしょうか?そんな脳のメカニズムをご紹介します。
それは、脳が食べることは幸せという認識をしているからなのです。美味しいものを食べているときは人は笑顔になりますし、幸せを感じますよね。その時、脳の中ではセロトニンやバーパミンという幸せホルモンが分泌をしているのです。
ご飯をたらふく食べた後の幸福感、満足感、安心感を脳は覚えています。そのため脳は、嫌なことがあった時、過度のストレスを感じたときは、ヤケ食いをして、安心感、満足感、幸福感を得ようとしているのです。ですか、ヤケ食いは根本的なストレス解消にはなりません。
一時的なストレス解消にはなりますが、根本的なストレス解消にはならないため、またヤケ食いをしてしまう可能性もあります。
ですが、この脳のメカニズムを知っていれ場、ヤケ食いをしたくなった時に少し自分でも抑圧することができるのではないでしょうか。