看護師の転職

看護師の仕事は肉体的にも精神的にもとても大変です。意志が強くないと続けられない職業です。夜勤と日勤の交代制で、生活リズムが乱れやすく、身体がボロボロ。不眠症に悩む方もいらっしゃるくらいです。また、結婚や妊娠、出産をきっかけに転職を考える看護師の方も多くいらっしゃいます。看護の仕事は9割が女性ですので、妊娠、出産後も、周りが理解してくれますので、働きやすい環境も見つかりやすくなっています。では、転職を考えている看護師さんにお役に立てるよう、こちらで少し転職の流れをご説明します。
まず一番最初に行うことは、転職の時期と希望を整理しましょう。自分が希望をする条件を紙に書き、まとめてみましょう。勤務地、通勤時間、福利厚生、など大まかでいいので自分の希望する内容を箇条書きで書いていきましょう。そして次に看護師転職サイトに登録をしましょう。看護師転職サイトに登録をするメリットは、エージェントがバックアップしてくれるところです。転職の相談はもちろんのこと履歴書の書き方から、面接まで丁寧にサポートしてくれます。もし看護師の方で、転職をお考えでしたら、おすすめの看護師転職サイトをご覧になってください。転職の疑問、不安をこちらで解消しましょう。

 

介護報酬引き下げ

来年度の予算編成の一環として介護報酬が改定されました。介護報酬は3年ごとに見直され、この4月が第6期目にあたるそうです。1月11日の麻生財政相と塩崎厚労相の会談で正式に決着したもので、前期より2.27%のマイナスとなりました。9年ぶりのマイナス改定で事業者団体は一斉に反発しています。
以前から財政均衡にこだわる財務省は、社会保障費の突出を押さえようと策を凝らしてきました。財政制度審議会を通じて介護報酬の改定に早くから積極的に介入し、そこへ消費税の10%アップの先延ばしで予定財源が減少したこともあり相当強腰でした。財務省が一貫して主張してきたのは「介護事業者の『収支差率』は8%ほどあり、2%ほど中小企業を上回る」、「その結果としてと組める養護老人ホームは過剰な内部留保を抱えている」と言う点です。いわば「儲け過ぎ」ということで「内部留保を吐き出せばいいのだから報酬はこれまでより下げるのが当然」と言う考えです。対する厚労省は「介護現場の人手不足は深刻な状況に陥っている。一般産業より平均賃金が10万円も安いからだ。総費用を減額されて人件費が頭打ちになればますます人が集まらなくなる」と訴えました。そこへ鑑定から「過去最大の下げ幅2.3%を上回らないように」との声が届き、最終的には小数点2桁と言う異例の細かい数値で折り合うことになりました。当事者の全国老人福祉施設協議会は「計算方法がおかしい」と財務省の数字を否定し、「費用の抑制はサービスの劣化をもたらしかねない」とも主張。
社福法人の不透明な体質が「儲け過ぎ」をもたらした、という確信が財務省側にはあったようだ。社福法人を槍玉にあげることで巧みにマイナス改定の土俵を作ったとも言えます。そのとばっちりを受けたのが、熱意をもって地道にケアに取り組む各地の小さなNPO法人や中小に企業です。これによって施設から在宅へのケアの大きな流れに加速がつくのは間違いないでしょう。
在宅でケアする場合は看護師に訪問看護を頼む、ということもできます。看護師の働き方は病院で勤務するだけでなく、多岐にわたっています。また看護師の転職支援を行うサイトの中には転職祝い金を出してくれるところもあるそうです。詳しくは看護師 転職 祝い金で調べてみるといいでしょう。

 

派遣看護師としての働き方

看護師といってイメージをするのは、ハードな勤務形態、肉体的にも精神的にも辛い業務ですよね。さらには日勤と夜勤の交代制で生活リズムもバラバラ…。身も心もボロボロになる看護師の方もいらっしゃいますよね。さらには、女性が多いという職種柄、離職率も高くなっています。
ところが、最近では看護師の勤務形態もさまざまな形になっていることをご存知でしょうか?パートやアルバイトでの働き方は聞いたことがあるとは思いますが、実は「派遣」での働き方もあるのです。
では、派遣の看護師とはどのようなものなのでしょうか?簡単に言うのであれば、正社員の看護師や、パートアルバイト看護師とは異なる働き方になります。
他の職種の派遣同様、派遣の看護師での勤務を希望する方は、まずは派遣の会社に登録をします。その派遣会社を経由して、仕事を紹介してもらい、病院や施設で働くかたちになります。給料は正社員とは異なり、時給で換算されます。たまに日給のところもありますが、派遣会社によって異なりますので気になる場合は事前に聞いてみましょう。
働く場所はもちろん派遣先となります。ですが、給料は派遣会社側からもらうかたちになります。
派遣先は主に、老人介護施設、修学旅行の引率看護師、学校の検診、コンサートやスポーツ大会等のイベントの救護室といった単発勤務から長期勤務まで様々です。
もちろん病棟勤務もあります。派遣での看護のお仕事はさまざまな経験が出来ることが魅力の一つでもあります。看護師の方で、派遣看護師に興味がございましたら、派遣の求人が見つかります!をご覧ください。あなたにぴったりの求人が見つかるはずです。

 

どうして派遣看護師になったの?

派遣看護師になる人が増えています!こちらで常勤の看護師から派遣看護師になった私の体験談をご紹介します。
私は常勤から離れて4年・・・正直、もう常勤には戻りたくないですね。時間は自由ですし、給料もそこそこいいですし、残業もほとんどないですし、会議や委員会にも出なくていいですし、勉強会もありません!派遣での働き方に心から満足しています。
短期でまとめて働いては旅行に行ったり、公私ともに楽しんでいます。2週間の旅行をしてもその月は夜勤で勤務をすれば、1か月分のお給料は十分もらえるうえに、2週間旅行に行けます。本当に派遣での働き方を選択して良かったと思いました。
また、旅行に興味がある看護師さんは、ツアーナースという働き方もオススメです。海外旅行に行くにも関わらず、お金がもらえます。また、修学旅行の引率ナースという働き方もあります。修学旅行は日本のことが多いですが、たまに私立の高校では修学旅行に海外旅行に行くところもあります。あなたも派遣での働き方にシフトチェンジをしてみてはいかがですか?派遣看護師のことでもっと詳しく知りたい方は、派遣看護師をご覧になってください。転職に関するノウハウが満載です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

働く女性の処遇改善プラン

2014年10月、「すべての女性が輝く社会づくり本部」は、女性が働きやすい環境づくりを推進するため、「すべての女性が輝く政策パッケージ」を決定しました。これを受け、厚生労働省は女性が多様なニーズに応じた働き方で多様な分野で活躍し、働き方に応じた処遇を得られる社会の実現に資する各種施策をとりまとめました。
発表された施策は5つ。1つ目は「近郊待遇実現キャンペーン」の推進で、各地域において「パートタイム労働法」「労働契約法」などを集中的に周知していきます。2つ目は「働きに見合った処遇改善の推進」。経済の好循環を非正規雇用労働者の処遇改善につなげるために、働きに見合った処遇改善を推進します。3つ目は「ステージアップの支援」。離職によるブランクなどに対応するための公的職業訓練の充実や、子育て女性などに対するマザーズハローワーク事業による就職支援も行います。育児休業期間中の非正規雇用労働者の能力アップに向けたキャリアアップ助成金の拡充、パートタイム労働者に対するキャリアアップも支援します。4つ目は「生き生き働ける職場環境の実現に向けた雇用管理の改善」。期間雇用者の育児休業取得を促進するため、新たに「期間雇用者の育児休業取得促進プログラム」を実施します。セクシャルハラスメント・妊娠出産などによる不利益取り扱いが起こらない職場環境づくりなども進めていくそうです。また、5つ目の施策として「正社員実現加速プロジェクト」による正社員化も協力に推進することが明らかになりました。
すべての女性が働きやすい環境になってくれれば嬉しいですね。特に女性が多い看護師などはハードワークな上、人間関係など職場環境によって働きやすさも左右されます。こうした施策が良い効果をもたらしてくれると良いですね。
また看護師で転職、出産後の復職の際にはハローワークを利用して求人を探す人も多いかと思います。看護の仕事はハローワークで探した方が良い場合と、そうでない場合があります。まずは看護師ハローワークで検索して情報を集めていきましょう。

 

看護師の夜勤従事者としての働き方

看護師の方で、夜勤と日勤をこなしている方が多くいらっしゃいます。夜勤と日勤の勤務がシフト制の場合は、生活リズムがめちゃくちゃで不規則にもなり身体に支障をきたすことにもなります。ですが、日勤か夜勤のどちらかの勤務にしてしまえば、生活リズムも一定になります。ここでオススメしたいのが、夜勤従事者としての働き方です。小さなお子さんがいらっしゃる看護師ママさんの場合は、家族の協力が必要となる夜勤の勤務は難しくなってしまいますが、お子さんのいらっしゃらない方や、もうお子さんが大きくなった方にはかなりオススメな働き方です。私は小さい子供がいるので、夜勤での勤務が難しく、現在は日勤のみの病棟勤務なのですが、子どもが大きくなり、自律してくれたら、夜勤のみの勤務を希望しようと思います。なぜそんなにお勧めなのかというと、まず、夜勤の勤務の場合は、制限がありますので1か月に働くことのできる時間数、日数というのが決まっています。なので、簡単に解かりやすく言うと、休みが多くなるのにもかかわらず、夜勤手当もついて、給料もたっぷりもらえるということです。もし、夜勤での勤務に興味があったら、夜勤だけの求人が見つかりますをご覧ください。あなたも夜勤従事者としての勤務にしてみませんか?